メモリを増設してみよう!

OMCでは、今まで合計512MBのメモリで作業をしておりましたが、
新たに512MBと256MBのメモリが1枚ずつ発見されたため、増設することとなりました。

今回、メモリを増設されるのはこのマシン。
このマシンについての詳細は機材紹介の特集ページをご覧くださいませ。

さて早速、コンピュータの中を見てみましょう。
それにしても、さすがは自作用ケースです。メーカー既製品だと、これほど簡単には覗けません。

我がクラブのコンピュータは、自作PCなので、メモリスロットは4つあります。
現在、256MBメモリが2枚装着されており、2枚が協調して動作する「デュアルチャンネル」で
動作しています。

今回、増設するのはこの2枚。手前が512MBで、奥が256MBです。
顧問の先生が持ってきたものだそうですが、先生自身も存在を忘れていたようで、
詳しいことはよくわかりません。(本当に大丈夫なのか?)

メモリスロットへのメモリの装着には順番があり、メモリ容量が大きいものから順に装着します。
装着の際、カチッとなるまでしっかりと押さえなければいけません。
これには、そこそこの力と度胸が必要です。

4枚全ての装着が完了しました!
ケースを閉じて、コンピュータを起動させてみましょう。

システムのプロパティを見てみましょう。
「1.25GB RAM」と表示されていますので、メモリ増設は無事に成功しました!

戻る

inserted by FC2 system